年金の特別催告状

年金の特別催告状についての情報をお伝えします

年金の特別催告状は免除申請や分割ができる?

f:id:kitayt0828:20160724115128j:plain

年金の特別催告状が送られてきた時に一番困るのが払うお金がない時です。

そんな時の対策として、分割で支払う事は可能なのか、免除申請は可能なのかについてお伝えします。

 



スポンサードリンク

 

 

年金の特別催告状の分割支払い

特別催告状で催促された分の年金ですが、分割払いは場合によっては可能です。

場合によってというのは年金機構の側に相談しないといけないので、その際に分割払いが認められれば可能となります。

 

 

この分割払いが認められるには、一度に払えるお金がないのはもちろんですが、特別催告状の早い段階で年金機構に相談を持ちかけることも重要です。

 

 

催告状はほうっておくと最終催告状や督促状にバージョンアップします。

 

 

この段階まで進んでから分割の相談をしにいくよりも特別催告状がきた早い段階で年金機構に相談しにいくことが大切です。

早い段階で相談できれば、よほどたちの悪い担当者にあたらない限りですが、お金がない場合の配慮を考えてもらえます。

 

 

年金機構の側も、払う気があるけど払うお金がないという人をそこまで無碍には出来ません。

 

年金の特別催告状の免除申請

特別催告状がきた際にお金が無い場合の一番いい対策は免除申請をすることです。

 

お金がない人は当然年金は払えないので、この免除申請は正式な制度として認められています。

 

 



スポンサードリンク

 

 

さらにこの免除制度のいい点は過去に遡って免除申請することが出来る点です。

特別催告状に2年分の年金を払えと書いてあっても、うまくいけばその2年分が全て免除になる可能性もあります。

 

 

お金がない状態で免除を受けるのは当然のことなので、どうどうと申請しに行ってください。なにひとつ悪いことはありません。

 

 

ただ、この免除申請ですが100%申請が通るということではありません。

免除するかどうかの調査を受けて、場合によっては半額免除や免除なしの判断が下る可能性もあります。

 

そうなった時には、あきらめて支払うしかありません。

 

 

ただ、収入がなければ免除されることはそんなに難しいことではありませんので、お金がない時には必ず免除申請を試してください。

 

 

まとめ

年金の特別催告状がきたら、お金があれば支払う、お金がなければ免除申請か分割支払いの相談をするかしてください。

無視をすると状況が悪くなるので、その点だけはご注意ください。


<<続きを読む>>

 

 

【追記】

「年金払えっていってもお金が・・」

「これ以上生活費は切り詰められない・・」

「差し押さえってひどくないか・・」

など、年金の特別催告状がきたけども簡単には払えないという方は非常に多くいらっしゃいます。

 

お金を借りようにも、どこで借りたらいいのか家族や友人にも相談しにくいですよね。

 

そんな方に私がピンチを乗り切った時の方法を紹介します。

 

それは、「お金を借りる時はマッチングサービスを使うこと」です。

 

自分の状況や条件にあった無駄のない借り方ができます、そして何よりも何社もの審査を受ける必要がありません。

 

マッチングサービスに申し込むと、一回の登録で自分に最適な会社がすぐにわかります。

 

私が使った経験があって、安心して紹介できるのはこの「くらべる君」です。

 

 

同じサービスの中では昔からある大手サイトなので、うまく活用して下さい。

 



スポンサードリンク