年金の特別催告状

年金の特別催告状についての情報をお伝えします

年金の特別催告状の封筒の色は青か黄か赤かで危険度が違う

f:id:kitayt0828:20160724122457j:plain

年金の特別催告状は年金を納めていないと送られてくる書類です。

中身をみると差し押さえとかの恐ろしい言葉が並び、びっくりした方も多いでしょう。

 

この特別催告状ですが、青色に黄色に赤色と封筒の色によって危険度が違うことをご存知でしょうか。

 



スポンサードリンク

 

 

年金の特別催告状の封筒の色

年金の特別催告状は年金を納めないと何度も送られてきます。

無視をしていると中の文面はそのままですが封筒の色がじょじょに変化していきます。

 

色が変わるとカウントダウンみたいで怖いんです。それぞれの色には意味があるので知っておいて下さい。

 

ただ封筒の色に関しては地域や時期によって、情報にばらつきがあるので参考程度に把握しておいてください。

 

最初の特別催告状は青色

一番最初に届く特別催告状の封筒の色は青色が一般的です。

 

我が家にも最初は青色で届きました。封筒のいろだけをみると普通の書類です、怖さはありません。

 

 

封筒をあけて書いてあることを確認すると、差し押さえ云々が書いてあるのでびっくりしますが、まだまだ実際の差し押さえには猶予があります。

 

猶予があるとはいっても、支払わなくてもいいということではなく支払いはしておくべきです。

 

 

実はまだこの段階では悪質な滞納者であるとの判断は下されてはいなくて、年金機構の側もさぐりの段階です。

 

 

年金機構からしても払い忘れなのか、意図的に滞納しているのかわかりませんよね。

そこで青色の特別催告状を送ってきているので、支払えるなら支払うようにしましょう。

 

 

もしお金がないなどの事情で支払えない場合には、この段階で年金機構や年金事務所に分割での支払いや免除の相談をするのがベストです。

 

いまならまだ悪質な滞納者とはみなされていないので、年金機構の側の対応もやさしいです。

 

 

特別催告状が黄色や赤色なら要注意

青色の封筒の特別催告状から一歩進んでしまうと封筒の色が変化します。

 

特別催告状が黄色や赤色の封筒に入って送られてくるようだと、状況が一歩悪化したと判断してください。色が変わったということはそれなりに意味があるんです。

 

 



スポンサードリンク

 

 

何度か特別催告状を送ったのに反応がない、無視してるんじゃないのかと相手側が思い始めていると考えていいでしょう。

 

もちろんこの段階であってもいきなりの差し押さえとかはないですが、支払いを先延ばしにすればするほど状況は不利になります。

 

 

この段階にきたら覚悟を決めて支払うようにしましょう。

先延ばしにしてもいいことはありませんでした。

 

 

どうしても支払えない場合などには、年金機構や年金事務所に相談窓口があるので支払えないことを相談しましょう。

 

担当者にもよりますが、相手も人間です。わかってくれて配慮してくれる場合もあります。

 

 

私の場合も赤色の封筒が来た状態での電話でしたけども、対応してくれた人は50代くらいの男性で怖くはなかったです。

 

「申し訳ないんですけど払ってほしいんですよ。」という感じで低姿勢でした。もちろんすべての担当者がこんなに低姿勢かどうかはわからないんですが、払う気があると伝われば交渉の余地ありという対応になるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

最初に届くとびっくりする年金の特別催告状、やっぱり納めるしかないです。


<<続きを読む>>

 

 

【追記】

「年金払えっていってもお金が・・」

「これ以上生活費は切り詰められない・・」

「差し押さえってひどくないか・・」

など、年金の特別催告状がきたけども簡単には払えないという方は非常に多くいらっしゃいます。

 

お金を借りようにも、どこで借りたらいいのか家族や友人にも相談しにくいですよね。

 

そんな方に私がピンチを乗り切った時の方法を紹介します。

 

それは、「お金を借りる時はマッチングサービスを使うこと」です。

 

自分の状況や条件にあった無駄のない借り方ができます、そして何よりも何社もの審査を受ける必要がありません。

 

マッチングサービスに申し込むと、一回の登録で自分に最適な会社がすぐにわかります。

 

私が使った経験があって、安心して紹介できるのはこの「くらべる君」です。

 

 

同じサービスの中では昔からある大手サイトなので、うまく活用して下さい。

 



スポンサードリンク